top of page
検索

*ARCHIVES #22



その1:危険なヒーリングとは???

そのヒーリングは安全ですか?

(この記事は2019年に「はてなブログ」で書いたものです)



そのヒーリングは安全ですか?

私が時々、お客様からのセッションのご依頼を、お断りさせて頂く時、というのは、ご依頼下さった方が「気功」のようなワークをお受け頂いている場合です。


世の中には、他者に気を送る事が出来る人、というのが存在するもので、そのようなことが出来る人から「気を送って注入してもらう」ことを「気功」と言っているようですが、これは、一歩間違うと、大変危険で、厄介なものになってしまいます。


送り手の人が、宇宙の気を外部から取り込み、受け手の人に、純粋な質のまま、そのエネルギーを送る事が出来れば良いのでしょうけど、これは、何年も訓練が必要なものであり、そう簡単に出来る事ではないと思われます。


こんなことを言って、ヒーリングを仕事にしている人々には大変申し訳ないのですが、気功のようなヒーリング手法は、世の中にたくさんありますが、宇宙の気を自分に取り込んで、それを受け手に送り、癒しを与えるということが出来る人は、殆ど居ないように見受けられます。


その多くが、宇宙の気ではなく、間違えて「自分の気」を送ってしまっているようなのです。私は、今までにたくさんのヒーリング手法を学んで参りました。中には、先ほど書いたような、「宇宙のエネルギーを、取り込んで、受け手に送る」という方法で癒すものも、幾つかありました。


14年以上前のことですが、当時、習得するために通っていた、ヒーリング手法のセミナー会場では、数十人の人々が集まり、ペアを組んで、ヒーリングの実践を行っていました。

エネルギーが見えてしまう私には、ペアの相手の人が、私に、「自分の気」を送って来るのがすぐに分かってしまうため、その都度、少し心配になりつつも、冗談めかして、「間違っても自分の気を送らないでね〜」、などと、笑いながら言っていました。


その時は、お互いに習い事に来ている身だったので、私も、エラソーな事は言えませんでしたのでね。それに、そんな風に言っていた当時の私も、人の事をとやかく言うことは出来ませんでした。


宇宙の気を取り入れながら、それを、受け手の人に送るという事を、実際にやってみると・・・これが、なかなか難しいものであり、そう簡単には行かないものでした。


今でこそ、このような手法を行うにあたっては、コツと確固たる方法がある、ということを理解していますが、当時の私は、エネルギーが見えても、宇宙の気を、どのようにして、安全に受け手に送るか、というところまでは、完全には把握はしていませんでした。


しかし、その後からは、あらゆる実験と実践の中で、試行錯誤しながらも、エネルギーの取り扱いについて、理解して行ったのです。



身を削って人を癒すヒーラー

宇宙の気、ではなく「自分の気」を受け手に送ってしまっている人は、どうなってしまうのでしょうか?私がここで言う「自分の気」というのは、生命エネルギーのようなもので、これを人に送ってしまうと、送り手の人は疲れてしまいますし、送れば、送るほど、体調不良や倦怠感、原因不明の、よく分からない病気になってしまったり、しますので、注意が必要です。


受け手の人は、それで元気になる場合が多いので、良さそうに思えますが、良い気ばかりではなく、ネガティブな気も一緒に送られて来て、オーラや、身体のエネルギーフィールドに入り込んでしまうので、やはり、受け手の人も注意が必要です。


エネルギーが見えない限り、人は、一見するだけでは、どのような質の気を持っているのか、分からない事が殆どだと思います。正直いうと、誰もがネガティブな気を、持っているものではありますが、中には、ネガティブを通り越して「邪悪」または「悪魔的なエネルギー」を持っている人、というのも存在するものです。


それが、ショックな話、実は・・・ヒーリングと霊視を生業としている人に多い事が殆どなのです。もちろん、スピリチュアルとか、ヒーリングなどとは異なるジャンルで、生計を立てている人で、そのようなエネルギーを持っている人もたくさんいます。


そのような人、というのは、何か邪悪な存在達に、こぞって取り憑かれていることが殆どであり、その次元からのエネルギーを、気功やエネルギーワークを通じて、人々に送ってしまっており、受け手の人達のオーラや身体、意識や精神のエネルギーフィールドは、徐々に、悪魔的なエネルギーに侵されて、満たされて行き、終いには、自分が、自分でなくなってしまうのです。


別人のようになってしまい、邪悪な思考、邪悪な意識、原因不明の体調不良や、病にかかってしまったりするのです。しかし、送り手のヒーラーの人は、それに気づいていません。

気づくというよりは、自分に取り憑いている、そのような存在達に、思考も心も支配されてしまっているため、自分が何をしているのか、気づく事が、出来なくなってしまっているのです。


私が、このことに気づいたのは2015年で、エネルギーを保つには、どのようにして、ヒーリングと霊視を行なっていったら良いのか、まさに、試行錯誤の繰り返しで、非常に、非常に苦労しました。


話は「その2」に続きます。





bottom of page