top of page
検索

*ARCHIVES #14



4次元の先へのいざない

4年ほど前から私のところに霊能者志望の方や、スピリチュアル関連のお仕事を始めたい、とおっしゃる方々が次々とセッションにいらっしゃるようになりました。


霊能系のお仕事をご希望されていらした方々にはお伝えしたのですが、4次元に関わるお仕事をするのは、簡単そうに見えて、実は簡単ではありません。むしろ、とても危険です。特に霊などに関わるお仕事については、かなり訓練を積まないとならないと思いますし、一度は4次元以上に波動を上げてからでなければ、適切に安全に4次元の世界のものに対処することが出来ないと思います。これは私も散々経験しました。


この次元の事柄に関して言えば、対処の仕方を間違えると精神をやられてしまったり、下手したら生命までもが・・・。かつて知り合いだった女性は、今は精神も身体もやられて、全く動けない(活動はどころか、家から出られない)状態になってしまいました。


なので、霊能系の皆様は特に、意識の波動をこれでもかという程にガンガン上げて行かねばならないと思います。どの次元にとどまるかはその人次第のようにも思えますが、やはりそのような能力を授かってしまったのであれば、その先を行くべきではないかと思うわけです。


なぜそのように思うかというと、例えば、4次元に意識をとどまらせてしまっている霊能者を頼って来た人々をも、4次元の波動に巻き込み、意識やその波動をとどまらせてしまうためです。


4次元って、そんなに良い場所ではないんですよね。


あらゆる事柄や感情面、エネルギー面などで、浮沈を繰り返しがちですし、支配から抜けられなかったり、それゆえ、いつまで経っても自分自身を信じる事が出来なかったりしがちなんですよ。5次元の肉眼では見えない世界なんかも、結構エグいですが、4次元のほうがエグさも上回っていると感じます。


何をすれば波動が上がるのか?ところで、この「波動を上げる」というところに多くの方が苦労をすると思うのですが、波動というのは、そう簡単には上がらないものなのです。


何をすれば波動が上がって行くのか?どうすれば早いのか?それは意識の改善、トラウマの解放、あらゆる観念を手放して行く、ありのままの自分に戻って行く、というところでしょうか。


ありのままというのは「これがありのままの私だから」と言って、ワガママを言って他人を困らせても良いというわけではありませんよ。他人に迷惑がかかる振る舞いが必ずしも「ありのまま」とは言えないかもしれませんのでね。


トラウマを癒し解放したり、あらゆる観念を手放して行くうちに、自然の流れでありのままの自分に戻って行きます。そのような状態になると、自然な形で他人とも調和出来るようになっていたりするのです。


また、あらゆる部分を癒し解放していくうちに、新たな視点を得たり、意識が改善されていたりすることもあるでしょう。それも意図せず自然な流れの中でそうなっていくのです。そんなこんなしているうちに、自然と波動も上がって行きます。


そのためには、自分の心の中を観続けて行くことが必要となりますが、その先で得るもの、出会う世界と言ったら、もう、一言では表せないような素晴らしいものであり、見える景色がそれまでとは全く異なっていたりします。そして、何よりもラクです。


さらにその先も段階が有るわけですが、一旦ある段階へ到達してしまえば、一気に視界が開けた感じがします。そうなってしまえば、4次元でも5次元でも、安全に適切に対応する事が出来るようになるのです。波動も上がっている状態ですので、あとはその状態を保ちながら、更に細かい部分の重荷(観念など)を手放し続けて行くだけです。


スピリチュアル関連のお仕事にも色々な種類がありますし、中にはそこまで波動を上げなくても安全に対処していける内容のものもたくさんありますが、霊能系や魔術を使うような人に関しては、それらに関わるエネルギーを慎重に扱って行かなければならないため、既に霊能力などが開いていたとしても、それとは別で「波動」を上げて行った方が絶対に良いと思いますよ。あとは、嫌な人、嫌な出来事にうんざりの人にもお勧め致します。




bottom of page