top of page
検索

*ARCHIVES #11



★この記事は2020年5月に「はてなブログ」で書いたものです。


5月に入って既に10日が経とうとしています。2月からここまで来るのにあっという間でした。暫くの間、セッションはヒーリングもリーディングもすべて遠隔のみでご提供させて頂いておりますが、もしかしたらこの状態が数ヶ月続く形となるかもしれません。このような状態にもかかわらず、皆様いつもご依頼頂きありがとうございます。


さて、先日遠隔ヒーリングをご依頼下さったお客様(Aさん)から、その後のご様子とご感想をメールで頂きました。どうもありがとうございます。そして、ブログへの掲載も快諾して下さったことにも感謝申し上げます。


Aさんは急に40度の熱を出されて、このような時ということもあり、新型コロナを疑っておりましたが、すぐに熱は下がったとのことで安心しました。メールで頂いた内容は殆どそのまま掲載させて頂いておりますが、とても個人的な事や過去の事などは一部伏せてあります。夢で無意識の部分が癒されるということは結構あるものだと思いますが、今回Aさんはボディーのワークのみをお受け下さったのにもかかわらず、マインドのほうも癒しがあったとのことで、過去にあったご両親との間の出来事を癒すような夢を見られたとのことです。(その部分だけ伏せて記載させて頂いております。)


Aさんからのご感想遠隔ヒーリングのお申し込みフォームには通信欄のようなものがあり、お申込み頂いた時にAさんからこのようなコメントを頂きました。拝読させて頂いた時に「まさか!」と思い、私はドキリと致しました。新型コロナは熱が上がって、すぐに下がって・・・というのを繰り返す場合があると聞いていたからです。

『実は、私も2日前から急に悪寒がするなと思ったらあっという間に40度まで上がり、今日は少し下がってきたのですが、もうコロナかもしれない、と思っています。昨日は起きてるか寝てるかも分からないくらい朦朧としていました。今までの風邪と違うところは、中々熱が下がらないことと、何となく肺が痛い気がするところです。明日も発熱が続くようなら、検査を受けることも考えなくてはいけません。昨日よりは自分もしっかりしてきたのですが、やはり頭痛や咽頭痛はずっとあり、肺の辺りの痛みも怖くなってしまったので、ワークをして頂けないかと思い申し込みました。どうぞよろしくお願い致します。』


Aさんはきっとお身体がつらいかも知れない、と思ったため、出来る限り早めに遠隔の予定を組みました。一番最初に、その時のAさんの身体の中が見えて来ましたが、その時、喉から気管支のあたり一面に赤い点のようなものがたくさん散らばっているのが見えました。ちなみに、先日書いた新型コロナに罹ったNYの友人の時は、直腸の辺りにたくさんの黒いつぶつぶが見えましたので、新型コロナというのとはちょっと違う類いのものなのかな〜?と思いました。しかし、見えるものだけでは判断はつきませんので、油断せずに丁寧にしっかりとワークを行いました。そして、ワークを終えた翌日にAさんから再びご連絡を頂きました。(ちなみに文中の「水野さん」というのは私の事です。)


おはようございます。遠隔ワークをして頂きありがとうございました。やはり喉の周りが赤くなってたんですね。咽頭痛がずっとあるのと、耳の下から首にかけてのリンパの腫れが今回はすごく強くて、上を向くと痛いくらいでした。でも、今朝起きたら昨日まであった喉の痛みがだいぶ和らいでいました!また、ひどかった頭痛も嘘みたいに無くなり、食欲もお腹は空くのに気持ち悪くて食べられないという状態が4日間続いていたのですが、朝からお粥を沢山食べられたんです。食べるときにも喉の痛みは全然感じませんでした。久しぶりに美味しかったです。ご飯を食べられないことも辛かったので、食べられるようになってホッとしました。コロナに罹った方とは違う感じとのこともありがとうございます。この時期なので、色々と心配してしまいました。一応コールセンターに相談もしたのですが、熱も下がっているので自宅で過ごして大丈夫でしょうとのことでした。遠隔ワークの印象からも違う感じと言って頂けて、とても安心しました。長くなってしまったのですが、昨日は何となく感じたことがあったので送りますね。昨日の夜はもう休んでいたので夢うつつですが、温もりのある球体の光の中に包まれてる感じがありました。その中で幸せだな~と浮いていた感じがします。その前後は、昔の色んな思い出に繋がる感情が出てきて、寝ながら涙が出てきたりしました。小さい頃から高校生くらいの自分が両親に言われたりされたりして嫌だったことを、ちょっと許せる気がするというか、なんか大きなことが癒された感じがありました。風邪でボディーのワークを受けたのに、大きな癒しも体感することが出来ました。身体がとても軽く、心身ともにスッキリした感覚があります。本当にありがとうございました。なんだか色々と断捨離したくなり、整理整頓しようというやる気が出てきてます。昨日までグニャーとしていたので元気が出て嬉しいです。まだまだコロナには気をつけていかないといけませんが、公園や図書館の制限は解除されるみたいで世の中も明るい方向に変わってきたなーと思いました。水野さんもお忙しいと思いますが、応援しています。いつも受けるたびに新しい学びをありがとうございます。また機会があれば、よろしくお願いします。


お申し込みを頂いた時はとても心配しておりましたが、大事に至らなくて本当に良かったです!エナジーフルーエンスのワークなどでもそうですが、対面と遠隔のどちらの場合も、このシリーズのワークを行った時に、お客様の多くが口を揃えておっしゃるのが「自分の周りにたくさんの光が見え始めたり、自分自身が光に包まれる体験をした」ということです。対面ワークの場合は「ワーク開始から暫くして、眠りに入りそうなまどろんでいるような状態になり、光が見えて来る」または「私が手を当てた瞬間から、目を閉じた状態で光が見え続ける」とのことです。この「光が見える」というのが何だか不思議な感じですね。


そして、Aさんが対面でワークを受けに来て下さった時は毎回、ワークを受けている最中に次第に両方の口角が上がって来て、ワーク終了までずっと笑顔になっていらっしゃるのです。Aさんのように笑顔になる方もとても多いですが、その時のオーラの状態を言葉で表すとしたら「至福」という感じです。きっと深い瞑想状態になっていらっしゃるような状態なのでしょうね。また、今回Aさんが送って下さったご感想の中にもあったように、深い無意識にアクセスされたのかな、と思われるような体験をされるお客様も非常に多く、半覚醒状態で自分を守ってくれる存在に出会ったり、様々な体験をされていらっしゃるのです。ご自身でご自分の内側を旅され、そこで癒しを見つけて、その後の日常で気づきを得られて解放されるということなのかもしれません。ひとつずつ解放されるにつれて、立ち現れる現実もより良い方向へと変化して行きます。


ヒーリングという形で人々のお役に立てること、またそのような機会を頂けることに心から感謝しております。Aさん、このたびはどうもありがとうございました。お身体がお元気になられて本当に良かったです。今後も暫くの間はコロナ禍が続くかもしれませんが、皆様もくれぐれもお気をつけて安全にお過ごし下さいませ。


bottom of page