top of page
検索

意外と身近なアカシックレコード*The akashic records are closer that I think.


▼ The English text is below.


最近、地味に気になっていることがあります。アカシックレコードのことです。アカシックレコードについては「きっと、あるんだろうな…」という程度の認識でいて、私にとってはずっと他人事でした。でも、最近になり、やっぱりアカシックレコードというものは実際にあって、自分にとっても実は身近なものなのかもしれないと思うようになりました。


私は自分のために、定期的に日本や世界の未来について霊視(リーディング)します。きっかけは2019年の年末に、新型コロナのヴィジョンを見た事です。詳しくは見えませんでしたが、大晦日の夜に都内の高速道路へドライブに行った時「あと数時間で2020年になるけど、来年はどんな年になるんだろう?」と自分で言葉に出した後に、再び自分で「嫌だなー2020年は。とっても嫌な年になるよ。たくさんの人が亡くなるし。」と、夫に言ったのです。あれは、首都高9号線のPAに車を停車させた時だったと記憶しています。何度か過去にも書いた事がある内容なので、ご存知の方もいると思います。


そして、年明け早々に、肺炎で亡くなる人々のヴィジョンを見ました。そして、たまたま行ったドラッグストアでマスクを買おうと、マスクの箱を手にした時、何故かたくさん買っておかなければならないような気がして、5〜6箱買って帰りました。その数日後に、新型コロナのニュースが報道されたのです。


2011年の311の時も、半年前からそのヴィジョンを見ていましたが、それは私が見ようとしなくても、勝手に私に情報がヴィジョンとして入って来ていました。そして、それまでは自分から世界の未来を見ようとしたことがありませんでした。正直、今を生きるがモットーの私にとっては、興味が無かったのです。


ですが、2020年のヴィジョンを見た時の感覚が、いつもリーディングする時の感覚と違っていたことに興味を持ち、2021年から未来を見る試みをするようになりました。


改めて過去を振り返ってみると、2021年の7月頃に見た2022年のヴィジョンは、ミサイルが飛び交うものでした。「ミサイルと言えば、また北朝鮮か?」と思ったのですが、そのヴィジョンの中には、はっきりと火が見えていて、戦争のような感じのものでした。それを聞いていた夫が心配そうにしていたのを覚えていますが、実際に2022年がスタートした頃には、私はミサイルや戦争のヴィジョンをすっかり忘れていました。そして、2月24日にウクライナがロシアに侵攻されました。私が見た飛び交うミサイルのヴィジョンは、このことだったのか…と理解し始めたのは3月に入ってからでした。


2022年に見た2023年のヴィジョンは、この頃から深刻な食料問題(食糧危機)が始まっていく/火山活動が今までよりも活発になっていく、というもので、その原因などの詳細までは見えませんでした。私は最初「食糧飢餓」だと捉えてしまい、かなり驚きましたが、世界的に食料品の値上げが本格化したのは2023年からで、世界的には急速に食糧飢餓が深刻化している国や地域が増えたのもこの年からだったようです。


2023年に見た2024年のヴィジョンは、太陽フレアがいつもよりも活発化していく/日本では震度5や6の地震がいつもより頻繁に起きる、でした。5月には太陽フレアが活発になり、日本でもオーロラが見えましたね。2024年後半も、引き続き火山噴火や地震には注意です。


ここに書いたもの以外にも、気象のことなどのヴィジョンも毎回得ています。でも、未来のヴィジョンを見ようとすると、時々、あまりにも色々な情報が多数入って来てしまい、疲れます。(そういう時は、毎日バッチリ8時間睡眠の私でも眠れなくなります)


2023年頃に、どうやって見つけたのか、他の国のサイキックの人が予言しているサイトを見かけ、そこに書いてあった未来のヴィジョンが、私が見たものと全く同じような内容だったことに驚きました。それで、他にも予言しているサイキック(イギリス、アメリカなど)がいるか調べて、何人かのサイトを見に行ったところ、やっぱり私が見たヴィジョンと同じものを見ている人が何人かいました。その人たちは、どうやらアカシックレコードを読み取っているようでした。(いずれも、世界的にかなり著名なサイキックです)


アカシックレコードについて念のため説明を記しておくと、


アカシックレコード(Akashic records)は、元始からのすべての事象、想念、感情が記録されているという世界記憶の概念で、アーカーシャあるいはアストラル光に過去のあらゆる出来事の痕跡が永久に刻まれているという考えに基づいている。(wikipediaより)

私がこの概念を知ったのは2000年頃で、当時私に説明してくれた人は「未来の出来事が書かれている宇宙の図書館のような場所だ」と言っていました。


他のサイキックたちが、同じヴィジョンを見ているということは、やっぱりアカシックレコードのような、どこかに未来の情報が記されている場所があるのだな、と思いました。そして、私が世界の未来を見ようと手を伸ばしている場所こそが、もしかしたらアカシックレコードなる宇宙の図書館なのかもしれない、とも最近思うようになりました。


見えたヴィジョンの内容は、必ず家族には共有するようにして、時間が経ってから答え合わせをしています。(私よりも夫の方が、私が言ったことをよく覚えていますからね。)


怖い未来のヴィジョンを、まだ起きていない時に人にシェアするのは気が引けます。なぜなら、多くの人が知れば知るほど、そのエネルギーフィールドが固まり、恐怖や不安などのネガティブな場が出来上がってしまうからです。


でも、睡眠中に夢で見たヴィジョンの方であれば、私が自ら未来の情報がある場所に手を伸ばして得たものではないので、シェアしても良いかも知れませんね。


END


Recently, I have been wondering about something that has been on my mind. It is about the Akashic Records. I was aware of the Akashic Records as something that must be there, but recently I have come to realize that akashic records are actually there. Recently, however, I have come to think that the Akashic Records are real and that they may actually be something close to me.


I regularly do psychic readings (readings) for myself about the future of Japan and the world. The trigger was a vision of the Covid at the end of 2019. I didn't see the details, but on New Year's Eve when I went for a drive on the highway in Tokyo, I said to myself, “In a few hours it will be 2020, but what a year next year will be?” I said to myself, and then said again to myself, “I don't like 2020. It will be a very bad year. A lot of people will die.” I said to my husband.


By the way, under “what circumstances do you see such visions?” I have been asked by many people. For example, I remember that my vision of 2020 was when I stopped the car at a PA on Route 9 of the Metropolitan Expressway. Sometimes I can see it when I am doing something normal. Some of you may know this as I have blogged about it several times in the past.


Then, early in the year, I saw visions of people dying of pneumonia. Furthermore, when I go to a drugstore and picked up a box of masks to buy, for some reason I felt like I had to buy a lot, so I bought five or six boxes and left. A few days later, the news of the covid was reported.


It was the same 311 in 2011, I had been seeing those visions for 6 months before, but that was information coming to me as visions on its own, without my trying to see it. And until then, I had never tried to see the future of the world from myself. To be honest, I was not interested in it, because my motto is to live in the present.


However, I'm starting to get interested in the fact that the feeling I had when I saw the visions of 2020 was different from the feeling I always have when I do psychic readings, so from 2021, I began to make an attempt to see the future.


Looking back at the past again, the “vision of 2022,” which I saw around July 2021, was of missiles flying around. I thought, “Speaking of missiles, North Korea again?” I thought, “But in that vision, I could clearly see fire, and it looked like war. By the time the year 2022 actually started, I had forgotten all about the missiles and visions of war. Then, on February 24, Ukraine was invaded by Russia. In March, I began to understand that the “flying missiles” visions I had seen were about this....


The “vision of 2023” that I saw in 2022 was that serious food problems (food crisis) would start around this time, and volcanic activity would become more active than ever, but I could not see the causes or other details. I was quite surprised at first because I took it as “food hunger,” but it seems that it was from 2023 that food price hikes began in earnest worldwide, and it was also from this year that the number of countries and regions where food hunger is rapidly becoming serious increased.


The “vision for 2024” as seen in 2023 was that solar flares would become more active than usual, and seismic intensity 5 and 6 earthquakes would occur more frequently than usual in Japan. Stay tuned for volcanic eruptions and earthquakes in the second half of 2024.


In addition to what I have written here, I also get visions about the weather and other things every time. But when I try to see visions of the future, sometimes I get so many different pieces of information that I get tired. (At those times, even I, who sleeps 8 hours everyday, can't sleep)


Around 2023, I found a site where a psychic from another country made a prediction, and I was surprised to see that the visions of the future written there were exactly the same as the ones I had seen. So I checked to see if there were other psychics who were predicting, and went to some of their sites and found several people who were also seeing the same visions I saw. They seemed to be reading the Akashic Records. (All of them are world-renowned psychics.)


Let me explain about the Akashic Records, just in case you are not familiar with them,


Akashic records are a concept of world memory in which all events, thoughts, and feelings from the beginning are recorded, based on the idea that traces of all past events are permanently inscribed in the Akasha or astral light. (From wikipedia)


I first became aware of this concept around 2000, and the person who explained it to me at the time said that it was like a cosmic library where future events were written.


I thought that if other psychics were seeing the same visions, then there must be some place, like the Akashic Records, where information about the future is written down. I have also recently come to think that the place I am reaching out to see the future of the world may be the akashic records, the library of the universe.


I make sure to share the visions with my family, and we try to answer each other after some time has passed. They remember what I said better than I do.


I don't feel comfortable sharing visions of a scary future with people when it hasn't happened yet. Because the more people know, the more that energy field creates a negative field of fear and anxiety.


However, if it is a vision that I saw in a dream during sleep, I may be willing to share it, because I did not reach out and get it myself, where the information about the future is.


END

Comentarios


bottom of page