検索

観念&意識のパターンと邪気の関係


最近も邪気の除去についてのご相談を受けています。遠隔ワークの時に、このことに関してはあえて言わないようにしているのですが、繊細な方や敏感な方ほど、オーラにたくさんの霊体や強い邪気がついている事が多いように見受けられます。それ以外にも、観念にとらわれ過ぎる傾向にある人や、先祖由来のパターンをたくさん持っている人などにも多くの霊体や邪気がついている事が多いです。このようなパターンは全てネガティブパターンを手放すワークを定期的に受けて、時々エナジーフルーエンスのワークを何回か受けていくようにすると、本当に次第に霊体や邪気がつかなくなって行きます。(ネガティブなニュース、話、環境、人間関係などに没頭してしまうと、その限りではありませんのでご注意を。)


よく、オーラに「神社で祀られているような神の遣いとされている龍や蛇」が憑依しているとか、何か守り神とされているような動物や、アセンデッドマスターと言われているような霊が憑依しているから「自分は霊的に高いレベルだって他の霊能者に言われた事があるんです。」と言ってくる人がいるのですが、その手のものは、けして善きものをもたらすような存在ではありません。例えば、伝説で言い伝えられているような龍や蛇は、確かに神社などで神として祀られている事も多いですが、それらと人に憑依するような龍や蛇の霊体とは全く別物です。それらの「エネルギー場」というものはあると思いますが、龍や蛇、その他の神の遣いとされる動物や、アセンデッドマスターの高次元の霊というものは実在はしないものです!「私には龍が憑依しているから自分は他の人と比べて特別な存在なんだ。」と思いたい人というのはたくさんいますし、実際に「龍がついているらしいので私の霊能力を開花させてくれませんか?」と連絡をして来た人が何人かいましたが、それらは神の遣いではなく、そのように見せかけている強烈に邪悪な浮遊霊などですのでくれぐれもご注意ください。また、そのような存在の中でも邪悪なものほど、取り憑く対象(人)を「他の人と違って自分だけが特別な存在なのだ。」と強く思い込ませてしまうのです。そうやって人を操り、終いには意識も心も身体も支配してしまうのです。


ちょっと話が飛躍してしまいますが、何か観念が強かったり、ネガティブなパターンを持っている度合いが高いほど(つまり観念やパターンをたくさん持っている人ほど)このような低い意識の霊的存在に引っかかりやすかったりするようです。そして、観念やパターンのエネルギーに縛られてしまっていたり、何らかの理由によって、自らそのエネルギーにしがみついてしまっていたりします。そして、中には「自分はダメな人間だ」「自分は愛されていない」「人から受け容れられていない」のような類のネガティブな観念やパターンによって、自己価値がとても低くなってしまっている人というのもいますが、その多くの場合、表面的には自分の自己価値の低さを認識していなくて、むしろ人々の称賛や支持を集めていたり、自己価値が高そうに見えるような振る舞いをしていたとしても、無意識の奥深くで自己価値が低くなっていたりします。そのような人ほど、他人に必要以上に認められたい気持ちや、褒めてもらいたい気持ちが強烈だったり、自分は他人よりも特別な存在なのだと思いたがったり、他の人にもそのように見せたがったりする気持ちが強いのです。このような気持ちが強い人には、先ほど書いたような強烈な邪気や、邪悪な浮遊霊が寄って来やすくなります。また、被害者意識が強い人や、批判精神が強い人なども同じような感じです。単なる浄霊のみならず、意識から気をつけて行かれた方が良いかもしれません。


ここに書いたもののみならず、ネガティブパターンを手放すワークは、あらゆるネガティブなものを取り除いていきます。定期的にこれを受けていると、段々と引き寄せるものが変化してくるのを感じる事ができると思います。そして、大きく自分の望むものを引き寄せられる時が来る事でしょう。遠隔ワークをご依頼いただいた時に、ワーク完了後にご報告メールをお送りしているのですが、その内容がかなり個人的な深い部分に言及しているため、お客様からのご感想の内容も、かなり個人的な部分についての触れている事が多く、ブログなどで説明するのも難しくなるため、なかなかお客様から頂いた数々のご感想を掲載することが難しい状況です。でも、多くの方々がじわじわと本格的に意識が解放されつつあるようなので、定期的にお受けになられている方々はこれからさらに楽しみですね!


エナジーフルーエンスのワークについてのご感想なども多数頂いておりますので、そちらは時間のある時に少しずつブログに記録させて頂こうと思っております。